田辺京子さんのアバンギャルドな九谷焼 | こめから.jp | お米のチカラで豊かに、上質に。

イベント・企画展

EVENT

2017.8.22.

田辺京子さんのアバンギャルドな九谷焼

九谷の異端、前衛、パンク、型破り……。どれも言い得ていながら、それでもまだ表し足りないほど独自の世界を拓く九谷焼作家・田辺京子さん。工房のあちこちには、昔懐かしいマトリョーシカなどのフィギュアやバナナの房を模した銘々皿、果物の立体モチーフが器の縁をずらりと囲んだデコ盛りシリーズの数々が仕上げを待っています。九谷でありながら、強烈な作風で「誰も未だ見ぬ世界」に挑むかのようです。その刺激に圧倒されつつもじっくりと向き合うと、作品の奥に田辺さんの真面目さ、ひたむきさを感じるのです。

「自分の作品は、九谷のインディーズだと思っています。ですが、基本はすべて古九谷と明・清の中国陶磁の古典に学びました」と、田辺さん。挑戦的な表現であっても、九谷焼本来の花坂陶石を用い、上絵具の五彩は田辺さん自身で調合するなど、九谷としてのバックボーンを大切にしています。この秋、福光屋として2年ぶり、3回目の個展が東京ミッドタウン店で開かれます。長年、福光屋のアドキャラクターでもあった、おなじみのフクちゃんシリーズの酒器をはじめ、新作が賑やかに並びます。

緑豊かな工房の前庭は、個性的な亀や猫、魚の作品が置かれ「田辺ワールド」を予感させるアプローチ。緻密な上絵付けは、九谷の古典文様からバナナの房に貼られたシールまで忠実に再現。はてはキューピーの陶製フィギュアやホクロ占いの面相まで無限に広がります。

PROFILE

田辺京子(たなべきょうこ)

石川県生まれ。1998年石川県立九谷焼き技術研修所卒業。2001年金沢卯辰山工芸工房修了。現在、金沢市近郊で工房を構える。

田辺京子×福光屋 KUTANIとSAKE vol.3
2017年9月16日(土)~9月24日(日)  終了いたしました。

◎作家在店日は都合により変更となりましたのでご了承ください。

 

SAKE SHOP 福光屋 東京ミッドタウン店
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4 D-B123
東京ミッドタウン ガレリア地下1階
TEL 03-6804-5341 FAX 03-6804-5342
営業時間 11:00~21:00 ※休業はミッドタウンに準ずる